冠婚葬祭の中で海洋葬の意味とその利用方法

冠婚葬祭の海洋葬は葬儀を海などで行なう事を言います。

遺体を火葬した後に遺骨を散骨する方式の葬儀方法であり、死後に自然に還して欲しいと言う想いを形にした自然葬の一つです。



散骨する場所や海に遺骨を埋葬する場合には細心の注意や場所を選ぶ配慮なども必要であり、細かく砕いておく事も重要となります。
又、海に流すのは故人の想いがある場合が多く、海洋葬は冠婚葬祭の中でも葬儀に掛かる費用が少ないため、これを利用する人も増えています。
海洋葬には個別で行なうものと2~3組が同時に行なうものとがあり、いずれも船をチャーターして行なう事が基本的な方法です。

実際に海洋葬に掛かる費用は5万円~20万円と安くなっていますが、冠婚葬祭の一つとなっているので、許可などが必要など勝手にやっていいものではなく、きちんとしたしきたりもあります。

神奈川の永代供養情報をお伝えします。

そして、遺骨のみを預けるパターンもありますが、後から海洋散骨証明書や写真などを送る場合が多く、家族などは乗船しないパターンもあります。

これは比較的費用が安く済むため、利用者も多く海洋葬の中でも一番簡単に出来る形です。

wikipediaの相談ならココです。

加えて、旅客免許を持った船舶会社であると安心する事も出来ますが、大きい船の方を選ぶ事も重要となっています。
これは家族が片側に全員が集まる事が多くなっているため、小さな船だと傾きなどを気にする事になり、故人の最後を静かに見送る事が出来ない可能性が出るためです。

そのため、ある程度は大きな船を手配する様にして、人数などを伝える事も意識しています。