冠婚葬祭における永代供養墓について

生きていると結婚式のような喜ばしい冠婚葬祭もありますが、その逆にお葬式のような悲しみの冠婚葬祭もあります。


どちらの場合でも共通して言えるのがかなりのお金がかかると言う事があげられます。


結婚式のような喜びの冠婚葬祭だと計画を立ててお金を貯める事ができますが、葬式のような冠婚葬祭の場合だと突然ある場合があります。
一般的にお葬式関係だと200万円程度かかると言われています。
お墓を建立する場合は更に多額のお金がかかるます。

また、核家族化が進み、お墓を見る子孫がいなくなる場合も最近では良く見受けられます。

独自のシステムでAll Aboutについて知るならこのサイトです。

そのような場合に選ばるお墓に永代供養墓があります。

永代供養墓だと普通のお墓と比べてお金はかなり安くなる場合が多いです。



年間管理費が必要な場合もありますが、それでもかなり割安になります。その他のメリットとして、お墓詣りをしなくても、寺院のほうで供養してもらえます。


お彼岸の法要や、命日にはその寺院のやり方にそって供養します。

過去の宗派は関係は基本的には関係ありません。

しかし、稀に檀家になる事を求められる場合がありますので、事前に調べておく必要があります。



また、一般的に33回忌までは永代供養墓を使用が可能な場合が多いです。

その後に永代供養墓の場所がなくなった場合には、寺院の読経のもとで合葬されます。

別の場所にある他のお墓の遺骨を永代供養墓に移す事もあります。

その場合には、市役所の許可と寺院の許可があれば可能となくなっています。